iPhone13Proを実機ファーストインプレッションレビュー!iPhone13Proを実際に使ってわかった良かったところ気になったところ

こんにちわ、こんばんわ、MobiCame(@mobicamenet)です。

早速ですが、iPhone13Proを購入したのでレビューしていきます。今回はメインカラーであるシエラブルーを選択しました。

レビュー記事は掲載していませんでしたが、今年からiPhone12ProMaxのパシフィックブルーを利用していました。

この記事では、iPhone13ProのファーストインプレッションとしてiPhone12ProMaxとのサイズ比較などを行っていきます。

iPhone13ProやiPhone13ProMax、そしてiPhone12ProMaxの購入などを考えている方はぜひ参考にしてください。

オススメしたいガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償
  • 通信会社の補償やAppleCareに入るよりオトク

iPhone13Proシリーズの特徴

iPhone13Proシリーズの紹介

レビューを行う前に、まずは今回のiPhone13Proシリーズの特徴をします。

詳細に関しては、別の記事で紹介しています。

外観

iPhone13Proシリーズの側面

iPhone内部の設計見直しにより若干ボタンの位置が変更になった機種があります。

ディスプレイは、フロントカメラの部分であるノッチの幅が縮小されました。

ディスプレイ

iPhone13Proシリーズのノッチ

新しいSuperRetinaXDRディスプレイにProMotionが搭載され、10Hzから120Hzまで自動的にに調整できるようになりました。

CPU

iPhone13ProシリーズのA15Bionic

CPUがA15Bionicチップへバージョンアップしました。

iPhone12シリーズに搭載されていたA14Bionicと比較しパフォーマンスが50%向上しています。

カメラ

iPhone13Proシリーズのカメラまとめ

カメラのセンサーが新しくなり夜間でもより明るい撮影が可能となりました。

オートフォーカス機能を搭載しマクロ撮影が可能となりました。

バッテリー

iPhone13ProとiPhone12Proのバッテリー比較

内部構造の設計見直しによりiPhone12シリーズと比較しバッテリー利用時間最大2.5時間伸びました。

ストレージ

iPhone13Proシリーズのストレージ一覧

最大1TBまで対応となりました。

詳細に関しては、別の記事で紹介しています。

iPhone13Proのファーストインプレッション

実際に開封から設定を行い動作確認までの感想から紹介していきます。

良かったところ
  • デザインがカッコイイ
  • 薄くなり持ちやすくなった
  • iPhone12ProMaxよりも軽い
  • マクロ撮影が便利
  • ノッチが小さくなった
  • ProMotion機能でTwitterの見やすさが変わった
  • ProMotion機能でInstagramの見やすさが変わった
気になったところ
  • 指紋認証機能が追加されなかった
  • カメラが大きくなり背面でのインパクトが大きい
  • 側面がキレイ過ぎて撮影時映り込む
  • iPhone13ProMaxに比べて明らかに画面が小さい

iPhone12シリーズからは大きくデザインが変更になっていないので、持った感じは同じ機種のように感じますが、中身は別物となっている印象です。

特に120Hzまで対応した新しいSuperRetinaXDRディスプレイがよく、普段見るTwitterやInstagramを流し見する時に見やすくなりました。

マクロ撮影は試しに利用してみて十分活用できるレベルだと感じました!これでレビュー時にズームしていたことが、マクロ撮影で行えそうです。

iPhone13Proのパッケージ

ここからは、開封の儀にうつります。

まずはパッケージから紹介

今回はApple Storeので購入したのでいつものダンボールで到着したと思いきや・・・

開封すると中身は梱包材などが不要になりようにサイズに併せて作成されている特別なダンボールでした。iPhoneだけではなくてダンボールも環境に配慮されたダンボールで配送されています。

中身を取り出すとiPhone本体のパッケージとなります。

いつものように背面が印刷され外箱がブラックですね。個人的には、ホワイトが好みなのですが・・・

iPhone13シリーズのパッケージには、フィルムで覆われていない状態に変わっています。

背面を見てみると普段見慣れない緑の丸いマークが・・・

このシールをめくると中身を開封できる仕組みに変わっています。

開封するとシエラブルーのiPhone13Proがでてきました。

名前の由来

シエラブルーとは、アメリカにあるシエラネバダ山脈(スペイン語で「雪の山脈」の意)をイメージしたカラーリングです。

一旦iPhone13Proを取り除くといつもの説明書と充電用のUSBtypeC to Lightningケーブルが同梱されていました。今回もUSB充電器は同梱されていないので、購入される方は別途USB充電器をお忘れなく。

オススメ情報

MobiCameでは様々なメーカーのUSB充電器を紹介しています。

iPhone13Proの外観

ここからは、iPhone13Proのシエラブルー本体を紹介していきます。

まずは本体背面です。

先ほども紹介したとおり、今回はメインカラーであるシエラブルーをチョイスしました。

光のあて具合できれいなブルーが表現されています。

次は本体左側面です。

こちらには、マナーモードの切り替えスイッチと、音量のプラスマイナスボタン、そしてSIMトレイがあります。

次に本体上部側面です。こちらはアンテナラインだけとなっています。

次は本体右側面です。

電源ボタンが配置されています。

最後は本体下部側面です。

スピーカーとLightningポートが配置されています。

こちらが本体前面のディスプレイとなります。

iPhone13Proの外観まとめ

デザインは前回のiPhone12シリーズから比べて大きな変化はないですが、個人的にはiPhone12ProMaxの大画面で良いと思い購入したのですが、大きすぎると感じだしていたので6.1インチのサイズでも十分だと感じました。サイズ感も持つのに丁度いいサイズです。

iPhone13ProとiPhone12ProMaxのサイズ感を比較

ここからは、利用しているiPhone12ProMaxとiPhone13Proの比較を紹介していきます。

左がiPhone13Proで右がiPhone12ProMaxです。

画面サイズがが0.6インチの違いですが高さとして約1.4cm幅は約0.7cm違います。

厚みは0.02cmとほとんどわからないレベルです。

ノッチ部分の比較は、画面サイズの違いもあるので正確な比較にはなりませんが、iPhone13Proは縮小されています。

最後にカメラ部分の比較ですが、見た感じでもiPhone13Proが大きくなっているのことがわかります。レンズ部分も大きくなっています。

iPhone13Pro ファーストインプレッションレビューまとめ

iPhone13Proのファーストインプレッションレビューを紹介してきました。

個人としては、iPhone12ProMaxと同じようにiPhone13ProMaxを購入しようとも考えていたのですが、ディスプレイサイズや本体サイズを見るとiPhone13Proにして正解だったかなと思っています。普段良く見るSNS関連の見やすさも大きく変わらず、逆にiPhone12ProMaxが自分には大きすぎたんだと思いました。

カメラの写りなどに関しては、別途記事をアップしますが、試写した感想としては被写体の色合いなど表現性が増しているように感じれます。楽しみにお待ち下さい。

iPhone13Proの購入は楽天モバイルがお得

iPhone13Proを購入するなら現時点では楽天モバイルがオススメです!

後で記載する のような乗り換えに便利なオプションも利用できることからお得なのです。

楽天モバイルのオススメポイント
  1. AppleStoreと同じ値段で最安値
  2. 回線契約なしでも分割払いが可能
  3. 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム新機種への乗り換えもラク
  4. 番号そのままで通信会社変更(MNP)で最大20,000ポイントプレゼント
  5. 1GBまでの利用なら毎月0円で利用できる
オススメのガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償

つづきは画像をクリック

モバイル保険のオススメ
mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事