iPhone13に関するリーク情報まとめ iPhone13では指紋認証復活

iPhone13リーク情報

Appleの新型iPhoneと噂されているiPhone13に関して現段階でリークされている情報をまとめて紹介していきます。

Appleの新型iPhoneと噂されているiPhone13は、iPhone12シリーズから新機能搭載などが期待されおり、例年通りであれば9月に発表が行われると思われます。現在のリーク情報から推測するに、デザインの変更やカメラの改善などが行われるようです。

オススメしたいガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償
  • 通信会社の補償やAppleCareに入るよりオトク

新型iPhoneの名称はiPhone13 or iPhone12s

現段階では、まだiPhone13なのかiPhone12sなのかは不明ですが、リーク情報ではiPhone13と記載されるケースが多いです。

過去の事例を見るとiPhoneXの次がiPhoneXSだったことを考えると偶数の際はSがつくことがあることから、iPhone12sの可能性も捨てきれない状況です。

しかし最近のサプライチェーンレポートでは、新型iPhoneの名称をiPhone13と呼ばれていることからiPhone13 mini、iPhone13、iPhone13 Pro、iPhone 13 Pro Maxとの名称になることが有力視されています。

このことから、以下新型iPhoneに関してはiPhone13シリーズと記載していきます。

デザインやディスプレイに関して

ここからはiPhone13のスペックに関するリーク情報を紹介していきます。

デザインとディスプレイサイズに関して

iPhone13のデザインに関しては、若干の厚みが増すという情報がありますが、大幅な変化はなくiPhone12シリーズとほぼ同じになるようです。

1点だけ大きく変わる可能性があるのは、iPhone13の背面です。iPhone12では滑りやすい素材となっていますが、iPhone13ではマットな素材が利用され滑りにくくなるという話もでてきています。

常時点灯の120Hzディスプレイを搭載

iPhone13では、AppleWatchに搭載されたような常時点灯するディスプレイが採用されるようです。

常時点灯を行う際は、リフレッシュレートを下げ、時計とバッテリーの充電量といった最小限の情報表示だけが行われると予想されています。

別の情報では、ディスプレイの消費電力を下げるために、OLEDとの親和性が高いLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)テクノロジーが採用されるようです。

ディスプレイサイズは、iPhone13シリーズの各種類によって大きさがことなりますが、こちらもiPhone12シリーズと大きく変わることはなさそうです。現行の60HzディスプレイからiPhoneでも120Hzへの対応が予想されています。

  • iPhone13 mini・・・5.4インチ
  • iPhone13・・・6.1インチ
  • iPhone13 Pro・・・6.1インチ
  • iPhone 13 Pro Max・・・6.7インチ

ノッチのサイズが縮小される

iPhoneX以来同じサイズだったノッチがiPhone13では、ノッチのサイズが縮小されるようです。

iPhone13ディスプレイノッチ部分のリーク画像

このリーク情報やリーク画像から複数確認されており、会話時のスピーカー位置の変更やフロントカメラの位置変更が行われる可能性があります。

カメラ性能に関して

iPhone13のカメラ性能に関するリーク情報をここからは紹介していきます。

リアカメラ

まずは、リアカメラに関する情報ですが、いくつかのアップグレードが行われるようです。

デザイン面では、3つのレンズすべてをカバーするサファイアガラスが搭載され、一つのカメラの用に見せるデザインが考えられているようです。

iPhone13カメラ部分のリーク画像

iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxでは、センサーサイズの大型化などアップグレードが行われましたが、そのアップグレード内容がiPhone13miniやiPhone13にも搭載されるとのことです。

iPhone13 ProとiPhone13 Pro Maxでは、超広角カメラのF値(絞り値)が従来の2.4から1.8へ変化し、より光を取り込みやすい設計へ変更される可能性があります。

撮影モード追加に関して

撮影モードでのアップグレードポイントとして、ポートレートモードが従来の静止画のみから動画での撮影も加わるとのこと。ポートレートモード(ビデオ)を利用することで、被写界深度を変更することができ、背景ボケなどの演出が可能になるようです。

ポートレートモードの静止画の現在の実装に似ています。Appleは、精度を向上させるためにLiDARスキャナーを考慮に入れた新しいバージョンのポートレートモードを開発しているとも言われています。

撮影モードとしては、天体写真機能が追加されるようです。。これは、iPhone13のカメラが月や星を検出できることができる天体写真モードとして追加されるそうです。天体写真モードでは通常時よりもシャッター速度とハードウェア高負荷により対応を可能にするようです。

チップセットに関してに関して

毎年新型iPhoneには、新しいチップセットが搭載されていることから現行のA14BionicからiPhone13では、おそらくA15BionicというAppleの最新プロセッサが搭載していると予想されています。

このA15Bionicは、現行のA14Bionicと同サイズの5nmで設計されており変更点としては、Appleが新しい5nm+と新テク​​ノロジーを活用してパフォーマンスの向上を図るのではといわれています。

世界的に有名なチップセット製造会社である台湾のTSMCは、5nm+をN5Pと呼称し消費電力の大幅な削減及び電力効率を改善しバッテリー寿命を長期間利用できる仕様にする仕組みだと発表しています。

すでにA15Bionicは、5月からTSMCにて製造が開始されているとのリーク情報もあります。

モバイル通信に関して

iPhone13のモバイル通信に関するリーク情報をここからは紹介していきます。

5Gミリ波対応

iPhone13シリーズでは、販売各国の通信キャリアが利用している5Gミリ波に対応するようです。現行のiPhone12では、アメリカで販売されているiPhone12のみが、5Gミリ波をサポートしている状況でした。

すでにAppleは、ミリ波対応の為にアンテナ部品のサプライヤーを追加しているとのことでミリ波対応することは、角度が高いと思われます。

低軌道衛星と通信を行うことができる?

iPhone13シリーズでは、衛星通信モードが搭載され4Gや5Gの通信ができないエリアでも低軌道衛星を利用した通信により電話やテキストメッセージのやり取りができるかもしれません。

Lightning端子や指紋認証に関して

iPhone13のLightning端子や指紋認証に関するリーク情報をここからは紹介していきます。

Lightning端子継続でUSBtupeC採用はなし

今年始めの頃のリーク情報では、iPhone13ではLightningポートなどのケーブル接続ポートを破棄し充電は無接点充電で行うという話もでていていましたが、最新の情報ではLightning端子を引き続き利用するとなっており、期待されていたUSBtypeCの搭載はないようです。

ディスプレイ内指紋認証搭載

昨今の状況からセキュリティ機能では、顔認証と指紋認証が復活するようです。

これはAppleがAppleがディスプレイ内指紋認証の特許を取得したことから、噂されており

ある情報では、すでにテストが開始されているとの話もでているようです。

iPadに搭載されているような電源ボタンに指紋認証センサーが、iPhone13でも搭載されるのではという話も出てきていましたが、可能性は低いようです。

ストレージ容量が1TBまで対応

今までのiPhoneでは選択できるストレージ容量が、最大512GBまでとなっていましたが、iPhone13では新たに1TBまで選択できるようになります。

現在1TBのストレージ容量を選択できるAppleの製品としては、iPadProのみですが最近では動画撮影などにて大容量が必要でる機会が多くなりユーザーからも1TBの声は多いと思われます。

バッテリー容量の増加

iPhone13ではバッテリー容量の増量が見込まれるようです。

初めて5Gに対応したiPhone12シリーズでは、ユーザーからバッテリー消費の問題などが声として上がっているようです、今までの4Gであれば安定した消費などが考えられていましたが、発展途中の5Gですと消費電力は大きく変化していると思われます。

Appleは、SIMカードスロットをメインボードに統合したり、前面の光モジュールの厚さを薄くしたりするなど、iPhone13内部に新しい省スペース設計模索しているようです。

これにより発生する内部スペースへ大容量バッテリーを搭載しようと考えているとの情報があります。

カラーバリエーション

iPhone12シリーズでは、パシフィックブルーという新しい色がメインカラーになっていました。

iPhone13では、マットブラックが採用されるようです。

マットブラックは、グラファイトの代わり設定されるようで、グラファイトと比べ灰色ではなく濃い黒になるようです。

噂ではブロンズやオレンジカラーのサンプル製品が制作されたとの話もありますが、今回は見送られた殿橋もあり、iPhoneSE3など廉価版端末にて採用される可能性が高いです。

発売日に関して

iPhone13シリーズの発売日ですが、9月下旬と予想されています。

現在iPhone13の製造はすでに始まっており、昨年はコロナウィルスの影響により通常より遅れてしまった昨年から量産計画が見直されているようです。

最近のiPhone発売スケジュールは以下となります。

機種名発表日発売日
iPhone112019年9月10日2019年09月20日
iPhone11 Pro2019年9月10日2019年09月20日
iPhone11 Pro Max2019年9月10日2019年09月20日
iPhoneSE22020年4月16日2020年04月24日
iPhone12 mini2020年10月14日2020年11月13日
iPhone122020年10月14日2020年10月23日
iPhone12 Pro2020年10月14日2020年10月23日
iPhone12 Pro Max2020年10月14日2020年11月13日

価格に関して

iPhone13シリーズの価格に関するリークは、まだ入ってきていませんが例年リークで出てくることはほとんどないので、最近の価格を一覧表にまとめました。

機種名価格(税別)
iPhone1174,800円
iPhone11 Pro106,800円
iPhone11 Pro Max119,800円
iPhoneSE244,800円
iPhone12 mini85,800円
iPhone12106,800円
iPhone12 Pro74,800円
iPhone12 Pro Max117,800円

iPhone13に関するまとめ

現段階でiPhone13シリーズに関するリーク情報としてでてきていることをまとめました。

項目リーク情報
製品名iPhone13シリーズ
デザインとサイズ若干厚みは増すがiPhone12と変わらない
ディスプレイAppleWatchのような常時点灯モード搭載
リフレッシュレート120Hz対応
ノッチサイズ縮小化
カメラセンサーサイズの拡大化
ポートレートモードが動画撮影時対応
天体写真モード追加
チップセット最新設計のA15Bionicを搭載
通信5G対応及び各国5Gミリ波にも対応
接続ポートLightning端子が継続
セキュリティ機能画面内指紋認証センサー搭載
ストレージ1TBまで選択が可能
バッテリー内部設計見直しにより大容量搭載
カラーバリエーショングラファイト廃止しマットブラック追加
発売日9月下旬
価格に関してリーク情報ないが、大幅な価格変更は考えられず
オススメのガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償

つづきは画像をクリック

モバイル保険のオススメ
mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事