AppleのM1チップ後継モデルApple M2チップに関するリーク情報まとめ!来年以降のMacBookやiPadにApple M2チップ搭載?

AppleM1チップのスペックに関して

AppleがiMacやMac miniやMacBookそしてiPadに搭載されている、Appleシリコンと呼ばれるオリジナルチップ『Apple M1チップチップ』の次期最新モデルである『Apple M2チップ』に関して情報をまとめましたので紹介します。

オススメしたいガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償
  • 通信会社の補償やAppleCareに入るよりオトク

Apple M1チップとは

MacBookサンプル画像

Apple M1チップチップは、デスクトップタイプのiMacやMac mini、ノートパソコンのMacBookAir、タブレットのiPadの一部に搭載されています。このApple M1チップチップは、半導体委託会社で世界最大である台湾のTSMC社が製造しており、5nmプロセスノードで製造されています。

iPhone12シリーズなどに搭載されているA14 Bionicチップセットが118億個のトランジスタに対し、Apple M1チップは約50%増の160億個のトランジスタを搭載しています。

Apple M1チップは、iPhoneやiPadなどに搭載されているA14 Bionicチップセットなどと同様、SoCにはイギリスARM社のアーキテクチャが採用されています。

Apple M2チップに関する噂

現在Appleが開発中のApple M1チップ後継モデルApple M2チップは、TSMC社の4nmプロセスノードでの製造が行われるようです。早ければ、来年発売半ばに搭載端末が登場すると思われています。

搭載が噂されている端末一覧

現在Apple M2チップの搭載が噂されている端末は下記となります。

  • iPad Pro 2022年モデル・・・2022年発売
  • MacBook Air・・・2022年半ば

スペックに関して

Apple M2チップのスペックとしては、Apple M1チップと同様に10個のCPUコアが搭載されるようです。GPUコアについては、Apple M1チップと同様にGPUは32コアも搭載される話もあり、またApple M2チップでは、Apple M1チップほどのGPUコアが搭載されないのではないかとの噂も出てきています。

チップ製造に関しては

2022年4月にはApple M2チップが量産を開始し、2022年7月には出荷が開始されるのではないかという予想されています。来年発売のiPadやその他のMac製品に搭載されるようです。

Apple M1チップが人気なのでM2にも期待

昨年発売されたMacBookAirや今年発売となったiPadに搭載されているApple M1チップは消費電力やパフォーマンスの面でもユーザーから人気なので、後継であるApple M2チップにも期待が集まります。

しかし、現段階でおまだソフトウェア側がintel CPUにしか対応しないなどのものもあり、利便性の面では、もう少し時間がかかるかと思われます。そういった点も見極めながら購入検討をオススメします。

オススメのガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償

つづきは画像をクリック

モバイル保険のオススメ
mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事