Zenfone8日本モデルが8月18発表!ついにおサイフケータイ対応でZenfone8日本モデルに注目

Zenfone8日本モデルのPresentation

ASUSの日本法人であるASUS JAPAN株式会社は、2021年8月11日に公式オンラインストアASUS storeにてティザーサイトを公開し、2021年8月18日(水)11時よりZenfone8の発表会を行うことを発表しました。

Zenfone8(ZS590KS)は、すでに海外では発売されているスマホですが、今回の日本モデルはついにおサイフケータイが搭載されるようです。

オススメしたいガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償
  • 通信会社の補償やAppleCareに入るよりオトク

Zenfone8日本モデル7つのポイント

ここからはティザーサイトに掲載されている画像からZenfone8の機能など7つのポイントを紹介していきます。

チップセットにはSnapdragon888

Zenfone8日本モデルには、Qualcomm社製のハイエンドチップセットであるSnapdragon888が搭載されるようです。こちらはグローバルモデル同様ハイエンドモデルのチップセットを搭載していることから、基本動作はもちろん、ゲームなどでもハイパフォーマンスが期待できます。

PASMOに対応!?

Zenfone8では、電子マネーPASMOに対応するようです!ASUS初のFeliCa搭載のおサイフケータイ対応機種となるようで、Zenfoneユーザーとしては待ちに待った機能がついに搭載されるようです!

防水機能搭載

Zenfone8日本モデルでは、防水機能も搭載されるようです。今までのZenfoneシリーズでは、フリップカメラの搭載などにより防水対応が難しいと考えられてきましたが、今回のZenfone8はストレートのコンパクトでシンプルな作りから搭載が可能になったと思われます。

ディスプレイリフレッシュレートは120Hz対応

最近のAndroidスマートフォンのトレンドであるディスプレイリフレッシュレートの機能が、Zenfone8日本モデルでも最大120Hzに対応するようです。スクロールを高速で行ってもなめらかな動きになったり。

FPSゲームやレースゲームなど画面の動きが早いゲームをする際になめらかな動きを体感できると思います。

バッテリー容量は4000mAh

コンパクトなボディなのに搭載されているバッテリー容量は4000mAhと大容量になっています。毎日持ち歩くスマートフォンで一番気になるのがバッテリーの持ち具合。Zenfone8日本モデルでも大容量なバッテリーを搭載してくるようです。

ついにおサイフケータイ対応!

PASMO対応のところでも記載しましたが、かざしている雰囲気からするとやはりおサイフケータイに対応しているようです!ほかの海外メーカーがおサイフケータイに対応していくなかで、対応を待ち続けていた機能がついに!

Zenfone8(ZS590KS)グローバルモデルのレビューを掲載

Zenfone8の日本モデルは、今までのZenfoneシリーズの中でも1.2を争うぐらい注目されそうなスペックとなっているようです。

特におサイフケータイ対応は、Zenfoneファンとしてはほんと待ちに待っていた!と歓喜がわくぐらいのうれしい機能ですね!2021年8月18日を楽しみに待ちたいと思います!

MobiCameでは、一足先にグローバルモデルを購入し実機レビューを行っています。
購入を検討されている方は、ぜひごらんください。

Source:ASUS

Zenfoneシリーズのアップデート情報を掲載しています

ZenFoneシリーズシステムアップデート情報
オススメのガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償

つづきは画像をクリック

モバイル保険のオススメ
mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事