ASUSがZenfone8を発表!高性能だけどコンパクトで最適な持ち運びサイズを追求された本体サイズ

ASUSが片手でも使いやすいコンパクトなZenfone8(ZS590KS)を発表

ASUSからZenfoneシリーズの最新モデルであるZenfone8(ZS590KS)とZenfone8Flip(ZS672KS)が発表されました。今回はコンパクトなZenfone8の特徴を紹介していきます。

Zenfone8の外観や同梱物を紹介した開封レビューを掲載しています。

Zenfone8のカメラ機能や撮影した写真を紹介したレビュー記事を掲載しています。

オススメしたいガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償
  • 通信会社の補償やAppleCareに入るよりオトク

Zenfone8のハードウェア性能

まずはZenfone8のハイスペックなチップセットやディスプレイに関して紹介していきます。

チップセットはQualcommの最新ハイエンドモデルSnapdragon888

Zenfone8(ZS590KS)のチップセットはQualcommの最新ハイエンドモデルSnapdragon888

Zenfone8のチップセットは、Qualcommの2021年現在最もハイスペックなモデルであるSnapdragon888が搭載されています。パフォーマンスは前製品であるSnapdragon865から25%アップ、ゲームや動画編集時に必要なグラフィック性能も35%アップとなっています。性能はアップしているが電力効率は25%改善されておりバッテリーの消費が抑えられた設計になっています。モバイル規格5Gに対応しているのはもちろんのこと、WIFIの最新規格であるWIFI6Eにも対応しています。動作メモリーであるRAMは6GB,8GB,12GB,16GB、記憶メモリーのROMは、128GBと256GBとなっています。

ディスプレイはSamsung製リフレッシュレート120Hz対応5.9インチAMOLED

Zenfone8(ZS590KS)のディスプレイはSamsung製リフレッシュレート120Hz対応5.9インチAMOLED

Zenfone8のディスプレイは、5.9インチのリフレッシュレート120Hzに対応したSamsung製のAMOLEDディスプレイとなっています。5.9インチでる理由は開発に大きく関わっている部分なので次の項目で記載します。リフレッシュレートは、最近のトレンドが90Hzに対して120Hzという高性能でスマホゲームをする際に最適なスペックとなっています。

Zenfone8(ZS590KS)のDC調光技術

DC調光技術が搭載されており、暗い場所での画面のちらつきを調整し低減してくれます。昼間の明るい野外でも暗い部屋でも、Zenfone8はDC調光技術によって見やすい画面となっています。

Zenfone8(ZS590KS)のディスプレイはCorning Gorilla Glass Victus

ディスプレイ保護をしているガラス面は、最新のCorning Gorilla Glass Victusが搭載され2メートルの高さから落としても破損しない仕組みとなっているとのことです。

Corning Gorilla Glass Victusについて

最適な持ち運びサイズを追求された本体サイズ

Zenfone8(ZS590KS)は最適な持ち運びサイズを追求された本体サイズ

Zenfone8では、利用者がどのようにスマホ利用しているかをデータ化しポータブルデザインの見直しを行ったとのこと。そこから最適な持ち運びサイズが考え出されZenfone8の本体サイズとなっているそうです。

Zenfone8(ZS590KS)の片手モード

以前からもZenfoneシリーズには、片手で操作できる片手モードが搭載されていましたが、今回のポータブルデザイン見直しにより機能も刷新されています。新機能では、親指だけで完全で快適なコントロールが可能とのことです。

Zenfone8(ZS590KS)の片手でも非常に使いやすくすること

人により手の大きさは異なり、指が長い人もいれば、手の甲が大きい人もいますね。Zenfone8のメインコンセプトが『片手でも非常に使いやすくすること』であることから、徹底した調査、テスト、プロトタイプを経て、可能な限り最大表現できるディスプレイサイズ搭載しながら、最高の操作性を求めて5.9インチのサイズとなったそうです。ちなみにGoogleで5.9インチのスマホを検索するとあまりなく、唯一ファーウェイのMATE10liteやMATE9がでてきました。

無駄がないシンプルなデザインだが持ちやすいスタイル

Zenfone8(ZS590KS)の無駄がないシンプルなデザインだが持ちやすいスタイル

最近のスマホでは、特徴的な大型カメラやゲーミングスマホですとこだわった装飾などが施されていますが、Zenfone8は最近では珍しい背面がすっきりした無駄がないシンプルなデザインとなっています。シンプルさの中には側面を持ちやすくした3Dカーブなど『片手でも非常に使いやすくすること』のコンセプトがここでもしっかり反映されています。

IP65/IP68の防水防塵対応

Zenfone8(ZS590KS)はIP65/IP68の防水防塵対応

Zenfone8は、IP65/IP68の防水防塵対応がされています。他のスマホと同様ですが、海水など塩水に関してはNGですが、水道水に1.5メートルの深さの状態で30分間沈めても問題ないスペックとのことです。

大容量バッテリーと30W急速充電

Zenfone8(ZS590KS)は大容量バッテリーと30W急速充電

バッテリー容量はZenfone8のコンパクトな本体サイズにて大容量となる4000mAhを搭載しておりゲームなどを行わなければ経験上2日弱ぐらいはもつ容量だと思います。バッテリーケアシステムが、内蔵されており、安定充電、定期充電、充電上限など、充電オプションを選択することができるようになっています。充電に関しては、30Wの急速充電に対応しており充電規格としてQualcommのQuickCharge4.0とUSB Power Delivery規格であるPD 3.0 PPSに対応しています。

Zenfone8(ZS590KS)のバッテリーケアシステム
USB PD 3.0PPSについて

デュアルカメラですが高性能

Zenfone8(ZS590KS)のリアカメラ

Zenfone8のリアカメラは、最近流行りのクアッドカメラではなくデュアルカメラとなります。カメラ構成は6400万画素のメインカメラと1200万画素のウルトラワイドとマクロが合わさったカメラとなりセンサーは両方ともソニー製です。突飛した機能がないのは残念ですが、もともとASUSはカメラのハードスペックよりもフリップカメラなどの撮り方に特徴があります。手ブレ補正などハイスペック端末に搭載されているような機能は搭載されており、普段利用しているデュアルカメラ構成のZenFone6(ZS630KL)でもきれいな写真が撮影ができるので、高画素になってよりきれいに撮影できると思っています。

Zenfone8のリアカメラサンプル画像

Zenfone8(ZS590KS)のリアカメラサンプル画像その1
Zenfone8(ZS590KS)のリアカメラサンプル画像その2

1200万画素のソニー製センサーフロントカメラ

Zenfone8(ZS590KS)は1200万画素のソニー製センサーフロントカメラ

フロントカメラは1200万画素のソニー製センサーと高度な高速なオートフォーカス機能が搭載されています。

アコースティックフォーカスモードで動画撮影が楽しみ

Zenfone8(ZS590KS)のアコースティックフォーカスモードで動画撮影が楽しみ

Zenfone8には、4軸の光学手ブレ補正が搭載されているので動きのなめらかな動画が撮影できそうです。ZenFone6(ZS630KL)でも手ブレ補正の性能は良く、動画撮影を楽しんでいました。録音中のオーディオキャプチャを強化するためのトリプルマイクが搭載されているといことで音声にも期待できそうです!そして、録音する音声の方向を選択できるアコースティックフォーカスモードが搭載されているので、音をとりたい方向だけに絞ることができます。

Zenfone8(ZS590KS)のステレオスピーカー

コンパクトなボディですが、ステレオスピーカーが搭載されており高音質なハイレゾオーディオを楽しむことができます。以前にASUSのイベントで中の人に話を聞いた際にZenfoneのサウンドはカメラなどと同様かなりこだわってつくられているということだったのでZenfone8でもいい音を出してくれるんではないかと気になります!

Zenfone8のスペック

Zenfone8(ZS590KS)のスペック一覧
本体サイズ148 x 68.5 x 8.9 mm
重量169g
SIMデュアルSIM(Nano-SIM)
防水/防塵IP65/IP68
画面サイズ5.9インチAMOLED
解像度1080 x 2400
OSAndroid11(ZenUI 8)
チップセットQualcomm SM8350 Snapdragon888 5G
RAM6GB 8GB 12GB 16GB
ROM128GB 256GB
リアカメラ6400万画素、F値1.8、26mm 1 / 1.73、OIS
 1200万画素、F値2.2、14mm(ウルトラワイド)
1 / 2.55、デュアルピクセルPDAF
ビデオ8K @ 24fps、4K @ 30/60 / 120fps
1080p @ 30/60 / 240fps 720p @ 480fps
ジャイロ-EIS、HDR
フロントカメラ1200万画素、F値2.5、28mm(標準)
1 / 2.93、デュアルピクセルPDAF
ビデオ4K@30fps、1080p@30 / 60fps
スピーカーステレオスピーカー
3.5mmジャック搭載
WLANWi-Fi 802.11 a / b / g / n / ac / 6e
デュアルバンド、Wi-Fi Direct
BluetoothVer.5.2、A2DP、LE、aptX HD
aptX Adaptive
GPSデュアルバンドA-GPS、GLONASS
GALILEO、BDS、QZSS、NavICを使用
NFC搭載
無線FMラジオ
USBUSBtypeC
センサー指紋(ディスプレイ下)、加速度計
ジャイロ、近接、コンパス
バッテリー4000mAh
充電急速充電30W USB Power Delivery3.0
カラーObsidian Black、Horizon Silver、Moonlight White?

Zenfone8のまとめ

Zenfone8(ZS590KS)のまとめ

最適な持ち運びサイズを追求されたコンパクトな本体サイズの中にハイスペックな機能が搭載されているZenfone8は、今までのスマホとは比較するのが難しい製品だと感じます。あえて言うならばソニーのXperia5シリーズでしょうか。これだけ魅力的なコンパクトスマホをセカンドスマホとして使うとか考えるのは贅沢かな。記事を書きながら心揺れているモビカメです。

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

Zenfoneシリーズのアップデート情報を掲載しています

ZenFoneシリーズシステムアップデート情報
オススメのガジェット保険
  • 全ての手続きがスマホ1つ
  •  ワイヤレスイヤホンなども補償
  • 最大3台まで登録可能
  • 月額700円で最大10万円補償

つづきは画像をクリック

モバイル保険のオススメ
mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事