RAVPowerのモバイルバッテリーRP-PB232をレビュー!MacBookやChromebookの充電にオススメ

RAVPowerのモバイルバッテリーRP-PB232をレビュー!MacBookやChromebookの充電にオススメ

RAVPowerさんから発売となった30,000mAhの大容量90Wの超急速充電に対応したモバイルバッテリーRP-PB232の紹介をしていきます。外出先でMacBookやWindowsノートパソコンなどを利用する際に気になるバッテリー残量を解決してくれる便利なモバイルバッテリーとなっています。

RAVPowerさんよりRP-PB232のサンプル品を頂き紹介しています

RAVPower RP-PB232のスペック

RAVPower RP-PB232のスペック

RAVPower RP-PB232のスペックは下記となります。

  • バッテリー容量:30000mAh / 108.9Wh
  • USBtypeC PD入力:5V 3A、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 3A、60W
  • 最大USBtypeC PD出力:5V 3A 、9V 3A、12V 3A、15V 3A、20V 4.5A、90W
  • 最大USBtypeA iSmart出力:5V 3A、9V 2A、12V 1.5A、18W
  • 最大合計出力:PD 65W + iSmart 18W、合計83W
  • 最大定格容量:20V 4.5A、5031mAh
  • 重量: 約540g
  • 本体サイズ:15 x 8.7 x 2.5cm

RAVPower RP-PB232のオススメポイント

RAVPower RP-PB232のオススメポイント

ここからはRAVPower RP-PB232のオススメポイントである

  • 超急速の90W充電に対応
  • 超大容量30000mAhでMacBookの充電も余裕
  • RP-PB232への充電も超急速60W充電に対応
  • 2台同時充電に対応

4つのポイントを紹介していきます。

超急速の90W充電に対応

RAVPower RP-PB232は超急速の90W充電に対応

RAVPower RP-PB232は、USBtypeCの急速充電規格であるUSB Power Delivery(以下USB PD)に対応しており、Macbook Pro 15.4モデルをわずか40分で0%から50%まで充電可能となっています。

超大容量30000mAhでMacBookの充電も余裕

RAVPower RP-PB232は超大容量30000mAhでMacBookの充電も余裕

30000mAhのバッテリー容量となると一般的に実際利用できる容量が6~7割ぐらいとなるので18000mAhから21000mAhぐらいだと考えられます。AppleのMacBookAir(2020)が4378mAhなので約5回ほど充電ができます。30000mAhだとキャンプなどアウトドアーヲする際にも様々なガジェットとつなげて利用することで便利になりますね。

RP-PB232への充電も超急速60W充電に対応

RP-PB232への充電も超急速60W充電に対応

デバイスへの充電だけでなくRP-PB232への充電も60Wと超急速充電ができます。30000mAhとなると夜中に充電しておいて起きても満充電されていないという時代もありましたが、2時間30分で充電できるのであれば朝起きたら余裕で満充電ですね。MobiCameでは60W以上で充電できるUSB充電器を紹介してます!

2台同時充電に対応

RAVPower RP-PB232は2台同時充電に対応

RP-PB232にはUSBtypeCとUSBtypeAの2ポートが搭載されていることから2台同時充電することができます。2台同時充電時は、USBtypeCは最大65W、USBtypeAは最大18Wとなります。USBtypeCでタブレット、USBtypeA側でスマホを充電するという状態でも急速に充電ができます。

RAVPower RP-PB232の実機レビュー

RAVPower RP-PB232の品パッケージ

製品パッケージは、RAVPowerのブランドロゴが表示されシンプルなデザインとなっています。

RAVPower RP-PB232のStay Powered

側面にはStay Homeからの『Stay Powered』という意味ですかね?

RAVPowerファミリーの仲間入り

2000万人のRAVPowerファミリーの仲間入りをして幾年たっただろうか・・・

RAVPower RP-PB232のパッケージ中身

パッケージの中身を開けると主なものはRAVPower RP-PB232本体とUSBtypeC to USBtypeCのケーブル1本入っていました。このケーブルのスペックが記載ないのですが90W充電ができるタイプと考えて間違いないと思います。

RAVPower RP-PB232本体

ではRAVPower RP-PB232本体を見ていきます。表面にはRAVPowerの文字があるだけでシンプルなデザインです。表面はさらさらした感じで、黒だと少し指紋が目立ってきそうです。

RAVPower RP-PB232と楽天モバイルのRakuten mini

本体サイズの比較でちょうど近くにあった楽天モバイルのRakuten miniと比べて見ました。RAVPower RP-PB232の圧倒歴なサイズ感です。miniが小さすぎたので撮影していたiPhone12ProMaxと比較するとiPhoneの方が1cm程大きいという結果でした。

RAVPower RP-PB232と楽天モバイルのRakuten mini

横に並べて見ましたがこの差です。RAVPower RP-PB232は普段持ちにちょうどいいですよ!というサイズではないですが、少し重さのある重りを持ち歩きながら軽いトレーニングをしたい方には最適な製品だと思います。

RAVPower RP-PB232と楽天モバイルのRakuten mini

ここまでくると比較するのが酷なぐらいのサイズ感。iPhone12ProMaxと比較すると2枚分ぐらいの厚さになります。

RAVPower RP-PB232の残量ゲージ

残量ゲージはブルーのLEDが教えてくれます。

RAVPower RP-PB232のUSBポート

端子付近は最近のRAVPowerモバイルバッテリーのデザインとなる少しくぼみのあるデザインです。端子中のカラーはRAVPowerのブランドカラーであるきれいなグリーンです。

RAVPower RP-PB232にて充電中のRakuten mini

実際に充電するとすぐに充電が始まります。ちなみにケーブルは1メートルですが、付属のバンドでまとめています。

RAVPower RP-PB232で充電中のChromebook

せっかくの大容量モバイルバッテリーであるRAVPower RP-PB232をminiスマホだけでは、力量不足なのでしっかりChromebookでも充電を試してみました。急速充電で普段使っているRAVPowerのUSB充電器と同じぐらいのスピードで満充電となりました。

RAVPower RP-PB232の割引クーポン

RAVPower RP-PB232の割引クーポン

今回RAVPowerさんからMobiCameの読者様にご利用頂ける割引クーポンを頂きました。現在Amazonで配布されている5%クーポンも併用可能となっています。ふたつ合わせると25%引きとなります。30日までとなっておりますのでお早めに。

RAVPower RP-PB232のまとめ

RAVPower RP-PB232のまとめ

RAVPower RP-PB232を実際に使用した感想としては、普段遣いで持ち歩くとすればノマドワーカーだったり最近であれば、コアワークスペースで充電環境のないところなどで利用するには最適だと思います。最近のスマホなども低電力化やバッテリー容量の増加により以前ほど充電回数も減りつつあるので、MacBookやChromebookといったノートパソコン、iPadなどのタブレットを充電することがRAVPower RP-PB232を最大限活かせるデバイスです。

今回は以上です!見て頂きありがとうございました!

mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事