RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースをレビュー!【PR】

前回はスマホメーカーのRhinoshield(ライノシード)について紹介しましたが、今回は製品ラインナップでも紹介した、RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースを実際に利用しレビューしていきます。

Rhinoshield様よりMobiCame読者様向け限定で公式オンラインショップで利用できる割引クーポンを頂いております。クーポンは記事の最後に記載しているので、ご活用ください!

Rhinoshield(ライノシード)様より商品提供を頂き記事を執筆しています。

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースについて

まずは、RhinoshieldのSolidSuitについて製品紹介します。

性能とデザイン

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースは、Rhinoshield独自のShockSpread素材を採用し、ケースの背面部分にタッチデザインを加えるため、研究開発を重ね、独特の手触りとなっています。今回レビュー用に頂いたカーボンファイバータイプとなり、他にはクラシック、レザー、木目4種類があります。

ボタン部分を好きな色に交換

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースに付属しているサイドボタンは、スマホケースとしては珍しく交換が可能となっています。オプション品として別売りになっていますが、自分の好きなカラーに交換することで、オリジナルのカスタマイズができます。

強固な耐衝撃性

Rhinoshield独自のShockSpread素材は、強固な耐衝撃性をもつ素材から、断裂や破損しにくく、スマホにしっかりフィットし、落下時に外れたりすることがない設計となっています。RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースの弾力性を増し装着がより簡単になり外からの圧力による変形もしにくく、また長期間の使用での緩みも心配なし!

薄くて軽量なボディ

耐衝撃ケースは重くて頑丈というイメージですが、RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースは、薄くて軽いのが特徴です。厚さは0.3センチ、重さはわずか30グラムとなっています。

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースを開封

ここからはRhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースを開封し現在利用しているZenfone8(ZS590KS)へ装着した様子を紹介していきます。

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースのパッケージは、ロゴが表面に印字されたシンプルなパッケージとなっています。

パッケージの中には、RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースのみです。今回MobiCameはカーボンファイバータイプを選びました。背面は光の当て方で模様が浮き出るような雰囲気のデザインとなっています。

本体上部はイヤホン端子用の穴があいています。後に装着後の画像も掲載しています。

本体下部はマイク穴や充電ポート、スピーカー用のスペースが空いています。

ボタン類がある本体右側面です。Rhinoshieldのロゴが彫られているデザインとなっています。ボタン類はZenfone8(ZS590KS)を装着後もしっかり反応してくれる位置にあり、スマホケースを装着していない時と同じくらい装着時もしっかりボタンの反応を感じることができます。

本体左側面下部にはストラップ穴があります。

Zenfone8(ZS590KS)を装着する前に並べてみました。

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースは、シリコンなどと比べると硬い素材ですが、樹脂ほど固くない印象ですので、装着時も苦労して装着する印象ではないです。しかし、ケースから取り出す際は、少し力がいる印象で外しにくいケースです。

装着時の本体上部イヤホン端子側ですが。少し大きめのスペースとなっています。

充電ポートもイヤホン端子側と同じように少し大きめにスペースがとられています。

デイスプレイ側を見てみると少しスマホケースの方が高くなっています。ディスプレイを机の表面に伏せても同じ高さだとディスプレイと干渉することから、ガードされている設計になっています。

カメラ部分も同様にレンズ部分に当たらないようなくぼみのあるデザインとなっています。

利用した感想

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースを利用した感想としては、もった感じがスマホ本体の重量ぐらいか感じられず重さの面で言えばつけていない時とさほど変わらない印象です。

持つ際のグリップもしっかりしていて、側面の樹脂製素材で指がしっかり引っかかる感じがあります。ストレートケースで表面が滑りやすい物も利用したことがありますが、何度かスマホを地面に落としたりしていたので、そのような心配いらないと思います。

ディスプレイよりも高さがあるデザインなのでディスプレイを机の表面に伏せても机とディスプレイが干渉することがないのも安心して利用できました。

鞄の中に入れても他の物と干渉しキズがついたりしないか心配でしたが、目立った傷は見えず表面の耐久性も強いと感じます。

耐衝撃ケースの概念を覆すオススメのスマホケース

RhinoshieldのZenfone8対応SolidSuit耐衝撃スマホケースを紹介してきました。

耐衝撃ケースといえば男性向けのガツガツしたデザインで重たいというイメージが今まではありましたが、薄くて軽くデザインも多様で性別関係なく使えそうなスマホケースです。サイドボタンをカスタマイズできるなど、他の人と同じようなスマホケースよりも個性的な部分をだしたいという方にはオススメのスマホケースとなっています。

MobiCame読者限定割引クーポン

Rhinoshield様からMobiCame読者様向けに公式オンラインショップで利用できる10%割引クーポンを頂きました。購入時に下記クーポンコードを入力してください。

Rhinoshield公式割引クーポンコード

mobicame

Zenfoneシリーズのアップデート情報を掲載しています

ZenFoneシリーズシステムアップデート情報
mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事