最新アクションカムInsta360 ONE RSを実機レビュー!Insta360 ONE Rから大幅にバージョンアップ

VlogをYouTubeやTikTokなどのSNSへ投稿することが広まることでアクションカムの存在も広まってきました!スマホや大きなカメラでなく、コンパクトで持ち運びに便利、しかも広角で手ぶれ補正もきくなど最近のアクションカムの性能は格段に進化してきています!

そんなアクションカムの代名詞と言われるInsta360の「Insta360 ONE R」シリーズに最新作として「Insta360 ONE RS」が登場しました。

前作からデザインは大きく変化はないですが、中身が大きく変化していますので紹介していきます!

Insta360 ONE RSの性能について

360度カメラで有名になったInsta360のアクションカムシリーズであるInsta360 ONE R待望の新製品が今回紹介する「Insta360 ONE RS」です。

360度レンズや、4K撮影広角レンズ、そしてドイツの老舗カメラメーカーであるライカと共同開発した1インチセンサー搭載レンズの3種類から撮影スタイルを選ぶことができます。バッテリーブロックとコアブロック、レンズブロックを組み合わせて利用します。独自の手ぶれ補正技術であるFlowStateが搭載されているので歩いての撮影時でも滑らかな撮影ができます。

オプション品を取り付けることで海中での撮影などや、音声をキレイにとるためのマイクなども用意されています。

前作のInsta360 ONE Rから大きくデザインは変わらずハードウェアのアップデートや前作からのユーザーフィードバックをもとに改良が加えられています。コアブロックを中心にバッテリーブロックやカメラブロックなどの合体機構はそのまま継承され、前作のカメラブロックを流用できるなどの汎用性があるアクションカムとなっています。

Insta360 ONE Rからのバージョンアップ内容

前作のInsta360 ONE Rでユーザーから下記の問題点がフィードバックされたそうです。

マウントブケットの取り付けがしにくい
風切り音が盛大に入る
WiFiによるファイル転送が遅い
マウントブケットの取り付けがしにくい
風切り音が盛大に入る
WiFiによるファイル転送が遅い

これらの課題を克服する為にInsta360 ONE RSでは、様々な機能のバージョンアップが行われました。

マウントブラケットは脱着の仕組みを改良
搭載マイクの増加及び品質向上
WiFi通信を50%高速化
インスタントズーム搭載
4K60fpsのクイックFlowState対応
バッテリー容量21%増加
放熱設計搭載

Insta360 ONE RS12セットモデルの価格に関して

中身の異なる12セットモデルのInsta360 ONE RS価格は以下となっています。

ツイン通常版:69,800円

4Kブーストレンズ、360度レンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、360度レンズ用レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット

ツイン版プレミアムセット:73,620円

4Kブーストレンズ、360度レンズ 、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、360度レンズ用レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット、120cm 見えない自撮り棒、64GB MicroSDカード

ツイン版スノーキット:78,420円

4Kブーストレンズ、360度レンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、360度レンズ用レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット、120cm 見えない自撮り棒、64GB MicroSDカード、スキー撮影セット

ツイン版バイク撮影キット:78,420円

4Kブーストレンズ、360度レンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、360度レンズ用レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット、120cm 見えない自撮り棒、64GB MicroSDカード、バイクバンドル

ツイン版クリエイターキット:78,500円

4Kブーストレンズ、360度レンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、360度レンズ用レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット、バレットタイムバンドル(120cm 見えない自撮り棒+バレットタイム三脚/ハンドル)、64GB MicroSDカード

4K版:38,800円

4Kブーストレンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、ONE RS マウントブラケット

4K版プレミアムセット:42,620円

4Kブーストレンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、ONE RS マウントブラケット、120cm 見えない自撮り棒、64GB MicroSDカード。

1インチ通常版:69,800円

1インチ広角レンズ、ONE RS コア、ONE RSバッテリーベース、ONE RSマウントブラケット

1インチプレミアム版:69,800円

1インチ広角レンズ、ONE RS コア、ONE RSバッテリーベース、ONE RSマウントブラケット、120cm 見えない自撮り棒、64GB MicroSDカード

エキスパート版:96,820円

1インチ広角レンズ、360度レンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット、64GB MicroSDカード

トリオ版:108,820円

4Kブーストレンズ、360度レンズ、1インチ広角レンズ、ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、1× レンズキャップ、ONE RS マウントブラケット、64GB MicroSDカード

コアバンドル版:34,200円

ONE RS コア、ONE RS バッテリーベース、ONE RS マウントブラケット

Insta360 ONE RSの開封紹介

ここからはInsta360 ONE RSを開封して製品紹介をしていきます。

パッケージは、表面にInsta360 ONE RSの写真が掲載されているものです。

背面には、それぞれのユニットを接続する様子があります。

パッケージを開封すると早速、Insta360 ONE RSが出てきます。

パッケージの中身を全て取り出してみました。

Insta360 ONE RSのコアと4Kブーストレンズを組み合わせて様子です。

こちらは上部と下部の写真です。

側面にはコネクターが搭載されており、カバーを取り外して利用します。

バッテリーパックの側面と接続部分です。

マウントを接続するためのマウントブラケットです。

本体の収納時は写真右下の赤いボタンを押すことで側面が開く仕組みとなっており、スライドさせて装着させる仕組みとなっています。

360度レンズの写真です。

360度レンズの上部と下部の様子です。

360度レンズには専用の柔らかいシリコン製カバーが同梱されています。

4Kブーストレンズなどを組み合わせた様子です。

Insta360 ONE RSにマウントブランケットを装着した様子です。

ブランケット上部のボタン周りです。

ブランケット装着時でもコネクターカバーを外せるようになりました。

Insta360 ONE RSはこんな人にオススメ

ここまでInsta360 ONE RSを紹介してきましたが、では実際にどういう方にオススメの製品なのかを紹介していきます。

車やバイク、自転車に搭載してドライブ動画を撮影したい

車やバイク、自転車で移動する際に風景の動画を撮影したいという人にはオススメです!車であれば室内の様子も動画で残したいとなった時に360度カメラで撮影することもできますし、バイクや自転車で移動する際に後方の映像も撮影したいと思った時も便利です。車であればダッシュボードや運転席のヘッドレスにつけたり、バイクや自転車であればハンドル部分につけたり、フレームのところにつけることで地面にちかい映像を撮影したりすることができます。

スノボーやスケボーなどを行なっている視点撮影をしたい

公式のサンプル動画にもありますが、スノボーやスケボーなどの動きがあるスポーツをする際の撮影にもオススメです!本体がコンパクトで軽量なのでヘルメットにつけたりするのもいいですが、自撮り棒につけて手で持って撮影、胸につけての撮影でも臨場感ある映像を撮ることができます。

ドローンに乗せて撮影したい

ドローンをお持ちの方であればドローンの上に乗せて撮影するのもオススメです!ドローンのカメラも進化してキレイな映像を撮影することができますが、Insta360 ONE RSで撮影するとよりキレイな映像を残すこともできますし、上空から360度カメラで撮影した映像は周りの景色全てが収まるので空の青さなどもとてもキレイに表現されます。スティックタイプのInsta360 ONEシリーズでも搭載用のオプションが発売されているなど、Insta360 ONE RSでも発売してほしいです。

旅行や普段の生活のVlogを撮影したい

普段散歩をする時や、旅行先で歩いている様子を撮影したい時にもオススメです!観光地でスマホを持ちながら撮影していると手が塞がってしまいますが、サードパーティ製品で首から下げるリングだったり体につける為のベルトが販売されており、手を使わずに撮影することができます。撮影しっぱなしの状態となるのでカメラで撮影を逃した場面なども後で見返すこともできますし、決定的瞬間なども映像として残せるかも。

Insta360 ONE RSの気になるポイント

ここからは、Insta360 ONE Rを利用したモビカメがInsta360 ONE RSを利用する時に気になるポイントを紹介していきます。

マイクの性能

前作のInsta360 ONE Rからマイクの数も増え音声が良くなったとのことですが、レビューなどをみていると確かに音声は良くなっていますが、他社のアクションカムに比べると少し気になるかもしれないなと思っています。風切り音を防ぐ為のオプションも一緒に同梱されていればもっとよかったのではないかなぁと思いますが、アクションカム自体が小さいのでオプション品の外部マイクを使うとどうなるのかが気になるポイントです。

バッテリーの持ち時間

アクションカムで気になるのは、バッテリーの持ち時間です。最近では、性能が向上し撮影スタイルも多様化してきたのでタイムラプスのような長時間撮影が必要なものもありますね。そういう場合にバッテリーがなくなると途中で撮影が止まり録画が途中で終わってたりすると残念なので、モバイルバッテリーから給電しながらの撮影機能を搭載してくれると嬉しいです。

スマホとの連携

Insta360 ONE RSの本体に小さなディスプレイが搭載されていますが、この部分を見ての撮影は簡単な確認だけでしたか使えない印象です。やはりスマホとアプリで連携を行い撮影画像を確認することが多いと思われます。そういった時はすぐに確認したかったりするので、接続時間や接続環境などが重要になってきます。以前のInsta360 ONE Rでは、うまく連携できない場合などもありましたが、今回のInsta360 ONE RSでは接続はスムーズに行っていますが、接続までの時間がかかる印象です。iPhoneを利用して接続していますが、都度WiFiの接続確認も出てきます(ここら辺は設定を変更すればどうにか何そうな気がするので確認中)電源を起動してすぐに利用できる工夫がもう少し欲しいところです。

Insta360 ONE RSの開封レビューまとめ

アクションカムで高性能なInsta360 ONE RSを開封して紹介してきました。360度も広角も撮影がレンズ交換で切り替えることができる仕組みは他のアクションカムではない構造なので360度カメラだけを買っても使い続けれるだろうかと思っている方にとっては、広角撮影もできるので一石二鳥のアクションカムではないでしょうか?スポーツをやっているので動画を撮影したいとか、普段の生活を撮影したいという方にうってつけのアクションカムなので、カメラを購入検討する際はInsta360 ONE RSもオススメです!

mobicame

mobicame

ガジェットや最新スマホ情報などブログを運営しています。過去に通信業界で働いてた経験から最新情報の記事を書いています。
趣味は、デジタルガジェット集めや旅行です。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事